夫婦は同士か?共存か?

「私達、夫婦なんて、今は同士みたいなもの。」

友達の何人かが、20年程連れ添った自分達、夫婦のことをそう表現していた。

子供を育てるという目標を持った者同士。

家を守る為の者同士。

同じ目的を持った者同士。

しかし、

なぜか、自分にはしっくりこない。

そして、

昨日、お風呂に入っていて、

ふと、浮かんだ。

「共存」

この言葉の方がしっくりくる気がする。

「共存」という言葉をネットで調べてみると。

「二つ以上のものが同時に生存・存在すること。」

と、実にシンプルだ。

たぶん、私がそう思いたいのだ。

家族含め、自立した人達が、生存する。

一つの目標に向かってとか、

何かを分かち合いたいとか、

そんな理想的なことまでは言わないから。

せめて、

誰かに依存しないと生きていけない。

ではなく、

家族それぞれが自立して、生存する。

主婦の私がなんでもやってくれると

思うのではなく。

自分達でできることは自分でしよう、と。

自主性を持つ。

共存。

そっちはそっちでやって、

こっちはこっちでやるから。

でも、助けてほしい時は

お互い正直に言い合おう。

助け合おう。

分かち合おう。

共存。

良いな。そんな形。

さぁ、自分のことは自分でしようよ。

みんな。

そういう、願望です。

最近、白髪や抜け毛が

むっちゃ気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です