これが初夢か。

先日、また、変な夢を見ました。

立ち並ぶ老朽化したビルを横目に、私はパート先へ向かっていました。

「あい変わらず古いビルだ。」

今にも崩れ落ちそうなビルたちを見上げ、そうひとりごちると、

端のビルからバラバラと剥がれるように、外壁が落ちてくるではないか。

その剥がれた外壁は下に落ちる速度と比例して、大きさを増し、現実のものとなってくる。

壁片は下に駐車していた車に落下し、車はあっという間に崩壊。

壊れた車の破片や車のルーフが私に向かって、次々と飛んでくる。

幸いなことに、車のルーフは私の少し手前に道路に刺さるように落ち、その後降り注ぐ建物や車の破片達の盾となって防いでくれた。

一瞬の出来事すぎて、

辺りがどうなったのか、さっぱりわからない。

私は車のルーフに守られながら、スマホでパートに遅れそうだと電話をかけようとすと。

その時、

バラバラと上空でヘリコプターの音が…。

「あっ!助けがきたんだ。」

そう、思い、一瞬、安堵する。

周囲の方々も空に手を振って、助けを求めている。

すると、

「ダダダダ…」

その助けを求める手に答えたのは、

無差別に降り注ぐ機関銃であった。

後にそれは某国からのテロであることが判明。

という感じの話が年明け後初めてみた夢でした。

この夢の話を息子にしたら、

「なんで、そんな時にパート先に電話やねん。頭おかしいやろ。」と失笑されました。

夢なんて、そんなもんですよね。😄

「これ、小説や、映画のネタに使えると思わん?」

と私。

「そんな使い古されたネタ。あかんわ。映画の見すぎやろう。」と

これまた一蹴。😒

この夢が正夢にならないことを切に願います。🙏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です