まっくろくろすけなパール

ハムスターを飼いはじめて、1ヶ月が経ちました。

「パール」は産まれて2ヶ月くらい。

ようやく我が家にもなじんできた感じです。

でも、相変わらす、ゲージをガジガジ。

ガジガジ ガジガジが

一定のリズムにのっていて、

まるで、機械仕掛けの様です。

噛り木を買って、取り付けましたが、

噛り木を噛んでるのをあまり見ない。

エサをあげても、しばらくすると、

ゲージを噛んでいる。

ストレスか?

ここ最近はハムスターボールでよく散歩をしております。

散歩と言ってもリビングで20分から30分、好きにコロコロさせるだけなのですが。😁

ハムスターボールの後は疲れるのか、ハウスに入って休んでいます。

彼女(メス)なりに、ストレス解消になっているのかも知れません。

だから、ガジガジすると散歩を要求されている気分になります。

「出して~。遊んで~。お散歩したいよ~。」

そんな声が聞こえてくる様で、

昨日もハムスターボールで散歩。

結構、まとわりつきます。

まとわりつかれると、

変な考えが浮かんできました。

「あれっ?

これボールなくても、

いけんじゃね?」

娘と一緒に

「いけんじゃね?」

なんとなく、逃げられたら困る食器棚の隙間をペットボトルでカバーして、

いざ、

「オ~プン~。」

ハムスターパールは

最初のうち、私達にまとわりついていたのも束の間。

以外なところに入り込んでしまいました。

冷蔵庫の下です。

予期せぬ行動に娘とアタフタ。

「パ~ル~」と呼んでも出てこない。

このまま、一生、会えなくなるんじゃないか。

私と娘に嫌な予感がよぎります。

娘は涙目になりながら、

「雪だるま作ろ~。ドアを開けて~。」

と、アナ雪の歌を歌い出しました。

シーン。

エサやゲージを近くに置いたり、

名前を呼び続けた結果。

ちょこちょこ顔を出し始め、

3回目の顔出しで、

身柄を確保しました。

ホッとしました。

ゲージに入れて、改めてパールを観察すると、

「ん?黒い?」

冷蔵庫の下の埃にまみれた姿に

娘は思わず、

「パールがまっくろくろすけになった~。」と。

ハムスターボールなしのハムスターの散歩は

部屋の予想外な危険も考えなければいけない。

と改めて痛感した出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です