大河ドラマ「麒麟がくる」にはまる

f:id:tyoiotasyufu:20200423140748j:plain

いつの間にか、テレビを見なくなった我が家。

気付けば、ケーブルもアンテナもなくなっていました。(そんなわけはない。)

画面を通して観るのはWi-Fiで繋ぐ、
Amazonプライム

最近、Amazonプライムから、
NHKオンデマンドに登録しました。

1ヶ月1000円弱です。

観たかったのは、大河ドラマ

麒麟がくる

今現在で14話まで観ることができて、

一気見、

どっぷりはまりました。

大河ドラマはアラフィフになる今まで、

何度も挑戦してきました。

いい加減、いい大人なのだから、
楽しめるはずだと。

でも、なんだか観てるうちに寝てしまいます。

いつも、挫折。

もう、私に大河ドラマは無理なのだと、

諦めていましたが、

なんだか、今回は観たい。

もっくんとか、川口春奈とか、

信長の奇行ぶりとか観たい。と。

そして、オンデマンドに加入。

どっぷり、はまりました。

今回の大河ドラマは史実と違うとか、
評判は様々なようですが、

時代劇が苦手な自分には、
とても見やすかったです。

もっくんの美しいマムシ(あだな)の表現。
(性格は無茶ゃイヤラシイ役なのに美しい。
あんな美しいオヤジはいない。)

主役、明智光秀の皆からの頼られっぷり、
毎回見せる困った顔とぼやき。
そして、それに全力で答える、誠実な姿勢。

可憐な濃姫

切ないお駒。

そして、キャラが魅力たっぷり、
ダメキャラも混じって、お茶目で破天荒な信長。

まさに、明智光秀の秀才の淡々とした感じから、

奇想天外の信長に話が移るとと、ドラマの空気が
変わり、惹き付けられます。

これは、役者さん云々もあるかもですが、

信長という人物がもともとそれだけ、人を惹き付ける要素があるためなのか。

ある意味、明智光秀よりも、信長が映るとワクワクします。

そんな、こんなで、一気に観てしまった後は、
大河ロス状態。

オンデマンドなので、何週か遅れて配信になるので、しばらく、観れない。

しかも、コロナで撮影も延期になったみたいなので、どうなることやら。

気長に待つしか、ないですね。

でも、また観れる楽しみも増えるから、良しとしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です