ドラマ「35才の少女」ギャップ感がすごい

f:id:tyoiotasyufu:20201103084529j:plain

欠かさず観ているドラマ
「35才の少女」

10才の時に事故で長い眠りについた望美。
心は10才、体は35才。
25年ぶりに少女が目覚める。

家族はバラバラになり、
初恋の人は夢を諦めていた。
それぞれが
孤独な今を生きていた。

そこから、物語は始まります。

いろんなところで
小説「モモ」の引用が出てきます。

私も昔読みましたが、
ことあるごとに、
現代は「モモ」のような
世界になってきたと感じていました。

そんな世界に
純粋で、屈託のない、
望美が良い意味で皆を振り回していきます。

毎回、毎回、感動します。泣きます。

第4話は
望美が中学生で反抗期になる。
現役の中学生と友達になり、
危なっかしいです。

舐められてると知りながらも、
友達を助けに行くシーン。

身代わりに怪しげな男に捕まり、
無理矢理ホテルに連れ込まれそうになる。
「お母さん❗️」
心は10才の少女、
イヤ、中学生になっているのか?
普通に叫びますよね。
そこへ、

「その子を離しなさい。」
鈴木保奈美の登場です。

カッコイイ~。

「今度はばばあかよ~。」
と男。

天下の鈴木保奈美をばばあ呼ばわり。
なんてことを。
東京ラブストーリー世代は
思います。

男を睨み付ける母。
なんか、強そうだ。
技があるのか?

そんなドラマではないのに、
鈴木保奈美なので、
なんか、期待してしまいます。

しかし、

期待虚しく。
普通に弱い。

でも、
娘を命懸けで守りたいという気持ち。
ひしひしと伝わってきて、
胸が熱くなりました。

話は変わって、

鈴木保奈美の

30代の母と50代の母。

すごい、演出。

完全に別人に見えます。

30代の母はキラキラしたオーラまで見えます。
デコルテも違う様に見えるのが、すごい。

さすが、女優さん。

www.instagram.com

テレビがないので、Huluで観ています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる