MENU
アーカイブ
カテゴリー

「図書館の奇跡」 35才の少女 スピンオフドラマ 感想

f:id:tyoiotasyufu:20201120104425j:plain

10分の短いドラマ。

「35才の少女」#7からの続きから始まる。

いなくなった望美(柴崎コウ)を探す結人(坂口健太郎)。

図書館にて、

望美の赤いカセットから、話し声が聞こえる。

10才の頃の望美と結人。

「話ってなあに?」

「だからさ。」

大人の結人の前で、
4年生の2人の会話が繰り広げられる。

「す、す、」言葉に詰まる結人。
「すき焼き、豆腐。」
やっと言えた言葉。

くだらない会話に帰ってしまう望美。

告白が失敗して、
小学生の自分にイラつく結人。
「誰?」
小学生の結人が、大人の結人に聞く。

話ができる2人。

「髭、こんなダサいの俺?」
小学生の結人はため息をつく。

失敗した告白に対し、
「次がある。」
と言う小学生の結人。

呑気な結人に対し、
大人の結人が咎める。

「事故に合い、ずっと後悔する。」

「でも、安心しろ。
25年後、付き合う。
挽回できる。」

大人結人はドラえもんか?

「教師?おまえ、ごまかしてない?」

子供結人に言われて、

望美の手を離したことを後悔する。

2人で頭を掻いて考える。
同じ癖。

にやける小学生結人。

自分を隠すな、見つめろ。

カシオペイアとモモだろ。

「がんばれオレ」

消える小学生結人。

大人の結人を励ましに来たんだね。

www.instagram.com

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる