35歳の少女 #8 感想

f:id:tyoiotasyufu:20201120104425j:plain

最初のシーンが理想の未来。

逆にむなしくなる。

アナウンサーの夢もかなうのか。

花嫁姿の柴崎コウ美し過ぎる。

と思ったら、結人君(坂口健太郎)の夢か。

愛美(高橋愛)、代行業。

メイドもいける。キャラ変OK。

パパ(田中哲司)のエプロン姿。

カレー作って

頑張ってるわ。

息子(滝星涼)、まだ、お金持ってる。

競馬で使うのか?

200万円

望美、なんかの教祖?

なんだ?

時間の売買?

パパはすごいまとも。

達也もまとも。

に見える。

しかし、教祖みたいな柴崎コウも美しくて、似合う。

キリンと同じ睡眠時間で良いわけ?

モモの灰色の世界を現しているんだね。

しかし、望美(柴崎コウ)、変わりすぎ。

何かにマインドコントロールされてるみたい。

教祖に?自分に?

望美に投げ捨てられた結人君。

実家でも「人間が腐っていくのを見てられない。」と嘆く。

最初の夢とは対照的。

結人君は頼むけど、

お母さん(鈴木保奈美)に望美を戻す力はあるのか。

キリン寝で小学生の望美に突っ込まれる、大人望美。

そこへ母。

グレー対グレー黒茶だ!

母が…。

どうなるのか?

果たして、目を覚ますのか?望美。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる