ドラマ好き主婦のおすすめドラマ「きのう何食べた?」

f:id:tyoiotasyufu:20201130113455j:plain

ほっこりするドラマ

ゲイのカップルが美味しいご飯を作って食べるドラマ。
簡単に言ってしまえばそうだけれども、
色々と考えさせられる要素がたっぷり、
でも、
恋愛の駆け引きや、切羽詰まったハラハラ感などないので、
基本、ほっこり、楽しく、
観ていられます。

料理がどれも美味しそう

レシピ本も出ているくらい、
料理がどれも美味しそう。
お腹がすいているときは、
さらに、お腹がすくので、観るのはお勧めしません。
何かを食べながら、がちょうど良い感じ。
カップヌードルなんかだと、
逆に惨めな気持ちに・・・。
安くて美味しそうなメニューばかりなので、
自分のダメさ加減に嫌気がさします。
ドラマを観始めたのは配信サービスで最近ですが、
漫画は何年も前に読んでいました。
レンタルで読んでいたので、
返品する前に、レシピだけ
ちょこちょこメモしていました。
f:id:tyoiotasyufu:20201130120620j:plain
漫画なだけに、調味料の量とかいまいちわからず、
あまり活用した記憶はありません。
残念ながら。
でも、映像で観ると、
新鮮で、視覚を刺激され、
「また、挑戦してみよう!」
という気持ちになりました。

節約上手を見習いたい

シロさん(西島秀俊)は料理もすごいが節約も上手。
低脂肪乳89円をめざします。
近所のスーパー中村屋の
無茶な値下げが面白い。

ドラマをざっと観たところ、
基本、食費、月2万円。
忙しい月 2万5千円。
ケンジ(内野聖陽)に託す月は3万円。
みたいです。
すごいです。
ケンジも感化されて、
スペシャルドラマでは、
コンビニでハーゲンダッツを買ってしまったことに、
苦しんでいました。
見習いたいところです。

登場人物がステキ

主役のお二人もさることながら、
お友達の小日向さん(山本耕史)
ジルベールのわたる君(磯村勇斗)
が面白い。
SとMと言うのでしょうか?
シロさんは、もはや二人のやりとりを、
プレイと呼んでいました。

わたる君がケンジに言います。
「愛情は安売りし過ぎだ」と。
ケンジは「定番がいいの。」と。
なかなか深いです。
小日向さんの肉体美がすごいことに、
スペシャル版で気づきました。
まあ、色々な発見がありますね。

個人的には佳代子さん(田中美佐子)可愛いかったです。
家族とのやり取り最高で、
風鈴が鳴り、整理整頓された部屋などは、
懐かしくてホッとします。
佳代子さんのイメージは原作と違いますが、
ドラマの方が好きかな。

まとめ

料理頑張ろう!
節約頑張ろう!
と思わせてくれる。
「きのう何食べた」

ケンジの愛情表現、二人の仲良しぶりもステキ。

配信ドラマで、すっかりはまってしまいました。
このまま、原作漫画を今度はレンタルでなく、
電子書籍で購入しようと考えています。

映画も観に行こう。



www.instagram.com

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる