三十五歳の少女 「社長賞と無職の俺」

f:id:tyoiotasyufu:20201120104425j:plain

誰もいないかつての家に上がり込む進次(田中哲司)

Hulu限定の配信ドラマ

幸せだった家族の出現

お母さんの誕生日会の相談。

若々しいお父さんと子供の望美と愛美。

「行ってきマンモス」

「行ってきマントヒヒ」

「行ってらっしゃインドゾウ」

微笑ましい会話。

25年前と現在の進次との会話

三人が出かけてしまい、

懐かしむ進次の前に

昔の進次が忘れ物を取りに帰り、

二人は顔を合わせる。

驚かれるが、色あせた家族写真で

未来の自分だと納得してもらう。

無職だと聞いてがっかりする昔の進次。

望美(柴崎コウ)が事故に合って、多恵(鈴木保奈美)が介護ににかかりきりになって家族はバラバラと説明する。

今の望美は・・・。

灰色の人になった望美を思い出し、

父は無力だと語る進次。

未来の自分の投資にと

お弁当をもらう。

「多恵の作るお弁当。

こんなに美味しかったんだ。」

泣きながら頬張る。

多恵とは別れて、

別の家族と暮らしている。

驚く昔の進次。

息子があれで

ニートっていううんだよ。

再婚相手は加奈(富田靖子)さんだよ。

「誰?」

「あの地味な~!」

うんざりした調子で言う昔の進次。

「地味っていうな。部屋から出てこない。被害妄想だよ。」

飲まずにはいられないと、

ビールを取り出す進次。

「それで、クビになったんだろう。」

酒も取り上げられる。

昔よりストレスもたまる。コンプライアンスな時代なんだよ。

「愛美(橋本愛)は?」

愛美もひねくれて。母親の愛に飢えてるんだよ。

「多恵は?ひょっとして、再婚?」

心配する進次。

「あの人はしっかりやっているよ。」

なんでも、人のせいにして

「昔の俺に戻りたい。」
嘆く進次に、
励ます、昔の進次。

「どうやったら、

みんなを幸せにできるのか

考えるやつだったじゃないか。

進次の名前。

そろそろ次へ進むときじゃないか?」

「良いこと言うな昔の俺。」

感動する進次。

ビール酌み交わす二人。

とっておきの方法?

困った時の良い方法がある。

そう言い残して、バリバリと仕事の電話で出て行く進次。

「この部屋は多恵の心の中みたいだな。」

そこへ、多恵が倒れたという電話が・・・。

メッセージカードには…。

 

困った時の良い方法は次回でわかるのか?

それとも、放置か?

まとめと感想

俳優の田中哲司さんの二役、鈴木保奈美さんと同じで、

完全に若々しく、老いた時は頼りなげに演じていて必見です。

若い自分に励まされるパターンが結人君の時から続いていますが、

実際、そうなのかも、知れません。

自分だったら、

昔の自分に何を言われるのだろうか。

エンディングテーマが、

コロナ禍でも、明るく撮影している風景が微笑ましく、

最後まで釘付けで観ています。


www.instagram.com

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる